Excelで分類ごとに集計したい 【SUMIF 関数】

2011-03-19 (Sat) 17:46
Excelで分類ごとに集計したい 【SUMIF 関数 数学/三角】
 
下記のデータベースを分類ごとに集計したい
SUMIF関数_DB
 
H列にSUMIF関数を設定すると、下記の結果ようになります
SUMIF関数_Ke
        H2=SUMIF($B$2:$B$16,F2,$D$2:$D$16)

        書式=SUMIF(範囲, 条件, [合計範囲])
                 範囲=$B$2:$B$16(B2からB16までのコード範囲)
                 条件=F2(F2のコード)
                 合計範囲=$D$2:$D$16(D2からD16までの金額範囲)
 
DSUM 「SUMIF関数サンプル」
上記または左のアイコンをクリックすると、ダウンロードできます。
       ※ダウンロードデータは、zip形式で圧縮しております。
         ご使用になられるコンピュータに適合した解凍ソフトで解凍して、ご使用ください。
 

SUMIF 関数 数学/三角

指定された検索条件に一致するセルの値を合計します。

【書式】 SUMIF(範囲, 条件, [合計範囲])
指定項目 内容
範囲 必須です。
条件によって評価するセル範囲を指定します。
各範囲のセルには、数値か、数値を含む名前、配列、または参照が含まれている必要があります。
空白と文字列は無視されます。
検索条件 必須です。
計算の対象となるセルを定義する条件を、数値、式、セル範囲、文字列、または関数で指定します。
たとえば、条件を ">32"、B5、32、"32"、"apples"、または TODAY() で表すことができます。
合計範囲 オプションです。
範囲引数で指定したセル以外のセルを加算する場合は、加算する実際のセルを指定します。
合計範囲を省略すると、範囲で指定したセル (条件が適用されるセル) が加算されます。
 
【システム開発】【Excel(エクセル)関数】

Blog Calendar

Blog Category

RSS 2.0